入札参加資格審査申請

入札参加資格審査申請(建設工事)とは

許可業者で、公共工事の入札参加を希望する業者は、事前に経営事項審査(経審)を申請し、結果通知を受けたうえで入札に参加したい官公庁に「入札参加資格審査申請」をしなければなりません。
経営事項審査は、入札参加資格審査の中の客観的審査事項にあたるもので、建設業者の経営状況、経営規模、技術力、社会性などを審査し点数化したものです。この点数に各発注者ごとに評価する工事成績、障害者雇用、環境点等の主観点が加点され資格審査の結果が出ます。それが名簿に登載され、業種によっては等級が付けられます。

兵庫県では、

「総合数値」(格付点数)=「総合評定値(経審P点)」+「技術・社会貢献評価数値」

とし、
土木一式、建築一式、アスファルト舗装、造園、電気、管工事の5業種について3~5段階の等級(A~Eランク)に区分して資格を認定しています。

技術・社会貢献評価項目は、下表のとおり29項目あり、入札区分に応じて入札参加要件となっており、経審の評点アップだけでなく、社会貢献点アップを図らなければ入札参加は難しくなってきています。平成27年7月からは社会貢献点要件がさらに厳しくなります。

入札参加要件

入札区分 入札参加要件点数
H23.7〜 H27.7〜
一般土木 公募型一般競争入札(2.5億円以上) 90点以上 180点以上
制限付き
一般競争入札
7千万円以上 60点以上 110点以上
2千万円以上 30点以上 60点以上
1千万円以上 10点以上
建築一式 公募型一般競争入札(4.5億円以上) 50点以上 100点以上
制限付き
一般競争入札
60点以上 30点以上 40点以上
30点以上 15点以上 30点以上
5千万円以上 5点以上
電気・管 公募型一般競争入札(2.5億円以上) 30点以上 60点以上
制限付き
一般競争入札
1億円以上 25点以上 50点以上
5千万円以上 10点以上 15点以上
1千300万円以上 5点以上 10点以上

畠田事務所に入札参加資格申請を依頼すると・・・

 お客様の希望する官公庁を管理し、事前に最新の各官庁の資格申請情報を収集することに努め申請もれのないよう細心の注意を払います。入札参加資格審査申請の方法としては、電子申請と従来からの書面申請がありますが、最近は電子申請が多くなってきています。
 当事務所は電子申請に対応しています。
 さらに、入札の参加要件となっている社会貢献評価点アップのために社内でできることから始められるよう各種アドバイスもいたします。子育て応援協定、エコアクション21認証取得のサポートも行っています。
「勝ち残れる強い会社」を目指しましょう。

☎︎相談無料
078-221-6615
このページの先頭へ