建設業の許可票とは

兵庫県建設業許可専門行政書士の畠田孝子です。

今日は午前も午後も神戸駅周辺で予定がありました。

別に鉄道が好きなわけではないのですが、午前中は阪急電車で往復。午後は行きはJR、帰りは阪神電車。

高速神戸駅を降りると、アンパンマンがお出迎え。小さなお子様だけでなく大人が見てもホッとする笑顔ですね。

ANNPANNMAN 2015-04-16 10.49.35

 

さて、建設業の許可を取るといくつかの義務が発生します。

そのひとつに建設業許可票の掲示があります。

金看板の呼び名の方が馴染みがあるかもしれませんね。

標識のサイズと記載内容は定められていますが、素材や作成方法はどのような方法でも構いません。

以前は金・銀・ブロンズの金属製のもののイメージがありましたが、最近はステンレス製、アクリル板等の少しおしゃれな感じのものも見受けられるようになりました。

p02 images (2)

 

許可を受けた営業所及び建設工事の現場ごとに公衆の見やすい場所に掲げる必要があります。(建設業法第40条)。

また、記載事項は、営業所にあっては①~④まで、建設工事の現場にあっては①~⑤までとなっています(建設業法施行規則第25条)

① 一般建設業又は特定建設業の別

② 許可年月日、許可番号及び許可を受けた建設業

③ 商号又は名称

④ 代表者の氏名

⑤ 主任技術者又は監理技術者の氏名

工事現場への掲示は、元請業者だけではなく施工に当たる全ての許可業者が、公共・民間発注のいずれを問わず必ず行わなければならないこととされていますので注意してください。

代表者氏名等変更があった際は、事務所内外公衆の見やすい場所にある許可票の変更(上から修正しているところもありますよ)も忘れずに。

images  縦35cm以上×横40cm以上

kensetu-gyou-kyoka-hyou

なお、大阪府の更新許可申請、営業所の変更の際には、事務所内の建設業許可票の内容が鮮明にわかる写真も求められています。

許可を取ったら建設業の許可票をすぐに注文しましょう。

 

畠田孝子行政書士事務所でもご依頼いただきましたら直接看板屋に注文いたします。

 

建設業許可票に関するご質問・お問い合わせはこちらまで

または 0800-123-8919 (通話料無料)にご連絡ください!

 

コメントを残す

☎︎相談無料
078-221-6615
このページの先頭へ