建設業のコンプライアンスとは?

兵庫県建設業許可専門行政書士の畠田孝子です。

「月4,000km走っています!」

をここ5~6年は言い続けています。

今乗っている営業車は、独立開業してから7年目で3台目。

昨年8月末に購入した車ももうすぐ48,000km

2015-08-30 12.04.42

来年の今頃も「1年早かった!無事故でいられた!」でありたいです。

 

さて、別々の案件なのになぜかテーマが続く法則。

少し前は「経営業務の管理責任者」についていろいろな依頼。
最近は、建設業のコンプライアンスに関連するお問い合わせが続いています。

建設業許可は取ったけれど、その後、建設業の新規許可申請を依頼した行政書士からのサポートがないため、知らずにやってしまっていたという理由が多いです。

コンプライアンスとは、法令を遵守し、企業 倫理や社会貢献等に配慮した行動をすると いうこと。

建設業許可を取ったから何でもできるではなく、建設業許可を取ったからいろいろ守らないといけないことが多いのですが、「知らなかった!」の多いことにはびっくりしています。

 

お客さまからの具体的な相談に、都度、該当する項目を調べて根拠を示しながら説明し、改善策等の提案をしていたのですが、この際!と建設業コンプライアンスマニュアルとしてまとめることにしました。
たたき台的なものはできたので、あとはご相談のお客様に合わせてカスタマイズ。

早速、建設業許可を取って間もないお客様に使っていただけそうです。

 *営業所の専任技術者って、現場に出られるの?
  *この「出向契約書」の内容で大丈夫?
  *他府県に営業所を置きたいんだけど、軽微な工事でも許可は必要?
  *経管って本店にいないといけないんですか?

他にもたくさん疑問をお持ちのことは多いはず。

「こんなことをしても(建設業法上)大丈夫なんだろうか?」と少しでも疑問に思われたら、

0800-123-8919(通話料無料)またはお問い合わせフォームからご連絡ください。

 

コメントを残す

☎︎相談無料
078-221-6615
このページの先頭へ